新型セレナの危険な不具合の理由とは?延期期間や出荷時期について!

先日、日産セレナがモデルチェンジをしました!いよいよ公道で姿が見れると 思った矢先に「出荷停止」!なんで?購入した方の苛立ちが増えますよね!   ...

先日、日産セレナがモデルチェンジをしました!いよいよ公道で姿が見れると

思った矢先に「出荷停止」!なんで?購入した方の苛立ちが増えますよね!

 

今回は、そんな”セレナ”が抱えている「不具合」は一体なんなのか?を調べました。

まず、今回モデルチェンジした”セレナ”の不具合になりやすい項目は?

rapture_20160904055204

 

・自動運転。

まずこれですよね、今自動車業界が一番チカラをいれている技術!

人工知能「AI」を搭載し、まだ全てでは無いのですが自動運転機能を搭載しました。

 

しかし!皆さん乗りたいですか?私はまだまだ不安で一杯ですね、興味はあります。

新型のセレナに搭載されている自動運転システムは「ProPILOT」というシステム。

高速道路や渋滞走行での長時間走行の負担を軽減する目的。

なので全てが自動ではありません、現行型にも高速運転時にアクセルワークの負担を軽減

出来るシステムは搭載されていますが、コレには不具合はありませんでした。

 

・アイドリングストップ機能

次に挙げられるのが「アイドリングストップ機能」です。信号などの停止時に、一旦エンジンが切れる

ブレーキを離すとエンジンが掛かって燃費を抑えると言った機能です。

これ・・必要ですか?ECOだとかいってますが、バッテリーやエンジンに負担が掛かり過ぎでは?

私は嫌いです、いちいちエンジンが掛かったり切れたりと車が大変そう・・・。

 

今回の新型セレナの出荷停止の理由は、この「アイドリングストップ機能」の不具合とされています。

しかし、初搭載の「自動運転システム」の不具合もあるのではないでしょうか?

「自動運転システム」と「アイドリングストップ機能」は、かなり重要に関わっているはずです。

 

 

・リコール

とにかく”セレナ”は「リコール」が多い!現行型も4回程度のリコールが発生!

キャブ関係や、リアハッチダンパーの腐食などなど・・ありすぎです。

新型セレナも出荷されますが、”リコール”は頻回にあるでしょう。

エンジン系のリコールは、事故に繋がる危険がありますから注意が必要です。

 

 

🚗延期期間や出荷時期はどれくらい?

新型セレナの販売台数は、確定はしていませんがカナリの台数を出荷します。

ユーザーからは「何時になったら納車出来るんだ!」なんて声があると思います、

 

やはり2週間~1ヶ月程度は要するとの事。

納車は、遅くても10月頭ぐらいではとの回答でした。

 

言いたくはありませんが、リコールが多い車なので”しっかり”と点検・修理を

お願いします。

また、詳しく分かり次第お知られせしますね。

 

 

PREV:パラリンピック多川知希の走りがスゴイ理由は?経歴や家族について!
NEXT:リオ・パラのマラソン土屋和歌子が強い理由!経歴や家族について!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です