女子テコンドーの濱田真由の蹴りの威力は?リオのライバルをチェック!

さぁ、リオも終盤戦!ここで登場が「テコンドー」の濱田真由選手。 ロンドン五輪では5位に入賞しましたが、リオでは金メダルを目指してほしいと思います。 ...

さぁ、リオも終盤戦!ここで登場が「テコンドー」の濱田真由選手。

ロンドン五輪では5位に入賞しましたが、リオでは金メダルを目指してほしいと思います。

リオオリンピックでの、濱田真由選手のライバルは誰か?金メダルは取れるのか?を予想してみました。

 

♥濱田真由選手とは?

rapture_201608181701461994年1月31日生 22歳。 佐賀県出身。

 

★主な成績・ロンドン五輪5位。2015世界選手権1位。2014年アジア大会2位。

と輝かしい成績ですね。

今回は、唯一の日本代表のテコンドー選手です。金メダルへの期待は大きいです。

 

♠家族構成は両親と兄、弟の5人家族。兄弟みんなテコンドーの選手だそうだ。

そんなテコンドーの一家で育ったので、まぁ自然にテコンドーに興味を持ち始めたのでしょう。

我が家の娘も、兄の影響で「空手」を始めましたからね(汗)兄弟の影響は大ですね。

 

では、濱田真由選手の”蹴り”は1体どれくらいの威力があるのか?

得意技は「かかと落とし」や「カット」という珍しい技。動画あり→「濱田真由テコンドー」

濱田真由選手の蹴りは、かかと落としは170cmぐらいは脚が上がります。木の板なら2枚ぐらいは

簡単に割れてしまいます。

推定では50k以上の威力とスピードがあると予想します。

 

娘の中段蹴りも、小学生にしては早いですよ・・ただ蹴りは直前のモーションでかなり警戒されますから

注意が必要です。娘は、それで避けられます(笑)

 

でも濱田真由選手は、ノーモーションでキレキレの蹴りが来ますから怖いし相手からすれば

驚異ですね。

 

今回のリオオリンピックでは、濱田真由選手の初戦の相手はチュニジアの「ラーマ・ベンアイ選手」

私の注目選手はクロアチアの「アナ・ザニノビチ」選手。スウェーデンの「ニキータ・グラスノビッチ」選手などですね。

他にもフィンランドの「スビ・ミッコネン」やスペインの「エバ・カルボゴメス」等が上げられます。

 

是非、順調に勝ち上がってTVなどのメディアに多く取り上げて頂いて次回の東京オリンピック

空手と同様、武道を広くアピール出来たらいいと願ってます。

PREV:渡利璃穏選手の読み方や家族構成について!リオの決勝相手を予想してみた!
NEXT:青空エールの主題歌は迫力不足?映画の感想や竹内涼真について!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です