エントツガイの生態や危険性は?見れる場所や味や毒はあるのか!

みなさん、エントツガイって知ってますか?世界最長の二枚貝で、その生態はまだまだ謎が多いそうです。今回はフィリピン沖で、国際研究チームが調査をされたそうです。ちょっと興味がありませんか?

どうも!

 

ジャガイモが気になる蘭猫屋です。

 

5日前に畑にジャガイモを植えたんですが、
まだ芽がです・・・ちょっと気になっています。

 

家の畑は山に近いため猿やイノシシ、
鹿が頻繁に出ます。

 

どんな田舎だ!って思われますが・・・
田舎です(汗)

 

特に仕事が農家では無いのですが・・
家庭菜園レベルで子供たちと楽しんで
います!

 

もうすぐ玉ねぎやエンドウ豆が、いい感じで
成長しています。

 

来月半ばには、収穫祭が出来そうです!
子供たちも私も、ワクワクしてます。

 

でも、ジャガイモは大丈夫なのでしょうか・・。
ちょっと種芋にカビが生えてたりしてたので、
不安です・・。

 

まぁ、芽が出なかったら違うものを植えたら
良いんですけどね(汗)

 

最近、少しずつ暖かくなってきて娘が
「お父さん、海はまだ?」って言うんですが、
「まだ、寒い!もっと暑くなってから」と
騒いでいます。

 

なんかニュースで、面白い貝がいるらしい
とニュースで観ました!

 

娘は「キモっ」って言ってました(笑)。

 

エントツガイの生態や危険性は?

なんか・・貝なんですか?

 

気持ち悪!
このエントツガイは世界最長の二枚貝、
これはその中身の写真。

 

エントツガイはフナクイムシ科に属する、
フナクイムシは船の木を食い荒らすことで
知られる二枚貝。

 

なかでも特に大きく珍しいのが、エントツガイ
だそうです。

 

今回、国際研究チームが採取したのは
フィリピン沖の硫黄分の多い海域、
エントツガイは頭を泥に突っ込んだような状態で
暮らしており、棒状の殻だけが泥から姿を
覗かせている。

 

エントツガイは体長1mほどあり、黒い野球の
バットみたいで・・・なんと口が塞がっていたそうです。

 

では、どうやって食事をするのか?
今回、分かったのはエントツガイの中にいる
バクテリアが硫化水素を有機物に変えている
のではと研究チームは明かしている。

スポンサーリンク

特に危険性はないようで、口がないから
噛まないし・・触っても大丈夫!

 

っていうか、この奇妙な二枚貝なんですが、
有吉さんの番組「ダレトク」だったかな?

 

アンガールズの田中さんが食べてたような
気がするのですが・・。

 

違う貝でしょうか・・。

 

味や毒はあるの?
日本でも見れるのか?

今回の研究チームが採取されていた
海域は、フィリピン。

 

ということですので
日本では南の方の海域、それも火山が
近くにあるような場所なら、エントツガイが
見られる可能性があります。

 

しかし、見つけるのは至難の技かも知れませんね!

 

味は、有吉さんの番組で食べていたのと
同じであれば・・・マズい!と言っていました。

 

毒はないようですが、二枚貝なので・・・いないと
思いますが生で食べないようにしてください。

 

必ず火を通してから・・どうぞ!

 

でも、すごく泥臭いそうです・・。

 

スポンサーリンク
PREV:ヘアーディメンション飯塚保佑の負債額はいくら?倒産原因は?
NEXT:ジャン・リュックメランションの身長や体重は?家族や公約も!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です