ダイヤモンドゲームに波平さんがハマった理由は?対象年齢は?

アニメ「サザエさん」で磯野家が「ダイヤモンドゲーム」にハマってましたね!特に波平さんが!なんであんなに波平さんが はまっちゃたのでしょうか?ルールや対象年齢とか気になりますよね、あと欲しい方も必見です。

どうも!

 

福岡から帰ってきた蘭猫屋です。

 

ちょっと仕事の勉強会で福岡に
出張してました!

 

今の仕事のレベルを上げようと
すると、非常に勉強が大事になります。

 

私も仕事人間では無いのですが、
やはり頭に埋め込まなければならない事は
沢山あるので、やらないとね・・・。

 

家に帰ると、子供たちが出迎えてくれて
疲れが一気に吹き飛びます!

 

でも、すぐに疲れが戻ってきますけど・・(汗)
やっぱり家が一番ですね、
色々雑音が多いんですけど・・
それが一番の薬なのかも?

 

この子達に囲まれているから
私は仕事ができるんだな!

 

この妻がいるから大丈夫なんだって
真面目に思います。

 

家を開けた後はよくこういう気持ちに
なります。

 

ところで今、「サザエさん」を
観ていたのですが・・
とても懐かしいゲームが出てきました!

 

でも、一緒に観ていた子供たちは
「知らない」って言ってました。

 

あら、それはいけない!
なんて思いましたので、
調べたんですよ!

 

ダイヤモンドゲームはいつからあるの?
対象年齢は?

これがダイヤモンドゲームです、
多分、今50代ぐらいの方は
とても懐かしいのでは?

 

私は、少し知っている程度ですが
今日の「サザエさん」で。磯野家や
花澤さんの家でも盛り上がっていました!

 

昭和の時代は、テレビゲームも
少なく・・家族みんなで楽しめるゲームが
主流でした。

 

特に、「人生ゲーム」なんか代表的な
ゲームですね!

 

「オセロ」や「将棋」は二人でしか
出来ないので、家族で出来るのは
少なかったですね。

 

それでは「ダイヤモンドゲーム」を
知らない方に向けて、ちょっと簡単に
紹介します。

 

ダイヤモンドゲームとは?

ダイヤモンドの光沢を模した頂点が6つある
星型の盤面上を用いて遊ぶボードゲーム。

 

歴史は1892年に”Stern-Halma”
(ドイツ語で「星型ハルマ」)として
売り出されたのが最初です。

 

米国では後にエキゾチックな効果を
狙って「チャイニーズ・チェッカー」として
売り出された。

 

詳しいルールはコチラ→「ダイヤモンドゲーム

 

そうなんです、ダイヤモンドゲームって日本が
作った大ヒットのゲームなんです!

 

さすがっすね~、だから日本人も波平さんも
ハマるのでしょうか?

 

それにこの「ダイヤモンドゲーム」は、
柔軟な頭が必要・・そう硬い頭の大人は
苦手なんですよ!

 

だから、子供は結構得意になるんじゃ
ないでしょうか?

 

まぁ、波平さんも頑固おやじ(私と一緒)
なので頭が・・超硬いんでしょうね(笑)

だから、カツオくんやワカメちゃんに
負けてしまうですよね~。

 

花澤さんも、お父さんに
勝ってましたから大人にはちょっと
苦手なゲームでした。

 

ダイヤモンドゲームの対象年齢は?

そうですね、私もあまり経験がないので
箱とか取説は見たことないのですが、
頭を使うゲームなので対象年齢は10歳
ぐらいからではないでしょうか?

 

そう思うと、ちょっと大人チックなゲームですね!
私の家でも家族でしたら、私は多分・・長男に
負けるでしょうね。

 

もし、興味があればコチラをチェックして下さいね。
↓           ↓          ↓

 

スポンサーリンク
PREV:兼六園の桜の開花状況や見頃は?服装・駐車場や料金も!
NEXT:ラジコン鳥(アメトーーク)の値段や作り方は簡単?販売店はどこ?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です