伊藤美誠がリオ五輪代表!家族との練習秘話や選手との不仲説をチェック!

どうも、蘭猫屋です。 まもなくリオデジャネイロ五輪が開催されますね、私が少し気になった選手を ピックアップしていきます。 今回は「卓球」!福原愛?違い...

どうも、蘭猫屋です。

まもなくリオデジャネイロ五輪が開催されますね、私が少し気になった選手を
ピックアップしていきます。
今回は「卓球」!福原愛?違います(汗)伊藤美誠?そうです!「伊藤美誠選手」です。

♡伊藤美誠選手とは?♡
・2000年10月21日生 (15)

・静岡県磐田市出身。

・2歳のころより 卓球を始める。日本男子のエース”水谷隼”の父親が代表を務める
豊田町卓球スポーツ少年団に入る。

・4歳の時には、全日本卓球選手権・バンビの部に初出場。
2008年バンビの部・2010年カブの部で優勝。

・2011年1月、全日本卓球選手権で、それまで「福原愛」が持っていた史上最年少勝利記録を
塗り替えた。

・2016年1月、全日本卓球選手権において”スターツSC所属”の伊藤美誠選手が女子シングルスで
3位、銅メダル獲得。
rapture_20160801062915

今の、伊藤美誠選手の世界ランクは9位です。まだ若干15歳で世界で9位は素晴らしいですね!
ちなみに「石川佳純選手」は6位、「福原愛選手」は7位です。

伊藤美誠選手は3歳の頃から、母親と「訓練」と呼ぶ1日7時間の練習で成長した。
練習相手は、母の美乃りさん(40)。伊藤美誠が小学校を卒業するまで1日7時間、
出来るまで何百本と球を出し続け、泣いたら家の外に放り出した。

お互い負けず嫌いで、納得がいかなければ深夜に起きて練習した。
「練習というより、訓練。異常だった」と美乃りさんが言えば、「お母さんより怖い人はいない」と
伊藤美誠選手は語る。

rapture_20160801075313

「希望を信じて苦しみに耐えよう」「学ぶ心さえあれば万物が師である」と美乃りさん。
静岡県磐田市の一軒家にある18畳のリビングの壁には学習塾のように、壁に格言が書いた
短冊が並ぶ。

父親の姿は無く、どうも離婚されており複雑な家庭環境もある様子。
そういった、右葉曲折な人生を若干15歳で経験されており母親との二人三脚で、ここまで
上り詰め。これからも、まだまだ実力を発揮していってほしいと思います。

rapture_20160801062841
伊藤美誠選手のチャームポイントといえば「おでこ」ですよね(笑)私はカワイイと思います。
本人も認めているのか、公式ブログも「デコDECO日記」ですからね!

卓球女子も、金メダルに一番近い存在です。
ワタシ的には、福原愛選手と石川佳純選手との仲が気になりますが・・(汗)
なんか、あまり仲良くないような・・まぁ先輩後輩で年齢差もありますが、そのあたり微妙じゃないかと
思います。
精神的ストレスが増大しないように、周囲のケアが大事だと思いますね。
15歳にはプレッシャー激高ですよ!
そこはアスリート魂で乗り切って下さい。

それでは今回は「伊藤美誠」選手をピックアップしました。

PREV:夢みるアドレセンスのムズムズ体操メンバーや平均年齢をチェック!
NEXT:妖怪ウォッチforスマートフォン!配信日はいつ?課金方法や内容について!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です