週刊文春のスクープする記者とはどんな人?裏ネタバーがあるらしい!

何故、週刊文春はそんなにスクープネタがとれるのか?芸能人や芸人さんがホントに餌食になってますね。 東野幸治さんの「余談大賞」という番組でも”週刊文春”...

何故、週刊文春はそんなにスクープネタがとれるのか?芸能人や芸人さんがホントに餌食になってますね。

東野幸治さんの「余談大賞」という番組でも”週刊文春”はスゴイね~”と話しされてました。

 

一体、芸能人が恐れている「週刊文春」とは?

知らない方もおられるかもしれませんから、少し御紹介します。

rapture_20160928220729

★週刊文春★

週刊誌、編集長は新谷学さん。発行部数は68万部!

週刊新潮を抑えて業界1位。

1959年4月創刊。日本の出版系週刊誌では1956年創刊の「週刊新潮」と並ぶ老舗。

「新聞・テレビが書かない記事」を書く週刊誌というスタンスを取る。

 

 

 

では、一体何故?週刊文春は大きなネタをスクープ出来るのでしょうか?

週刊文春の体制は、編集長と複数のデスク、そして”数十人の特派記者がいるそうです。

この”特派記者”が曲者!全員社員ではなく、フリーの記者なんです。つまり個人事業主として

週刊文春と契約し作業を請け負っている。

 

 

 

rapture_20160928220642

そして「ノルマ」があります、最低でも1人5本のネタを課せられます。

 

下手なネタは乗せられないですからね、直接”金”に関わってきますから記者も必至なんですね!

誰も知らない事、ネットよりも早く、独自のネタを探してこなければなりません。

 

だから特派記者も必至なんですね、まぁ色々な事がバレた芸能人はいいネタになるんですね。

そして、どの特派記者も徹底しているのが「非合法な事は絶対にしない」という点。

どんなにスクープが欲しくても「法的な秩序」を守って取材をしている。

 

 

美味しいネタが手に入るのであれば大胆な行動にでる、経費を100万円規模で使うことも

有るようです。

 

 

 

rapture_20160928220729

では、週刊文春の「特派記者」さんてどんな人?

 

調べてみたのですが、素性は明らかにしていませんと回答がありました。

まぁ、そりゃそうですよね・・・。

 

とにかく、この「特派記者」はものすごい執着心というか、仕事なのですが芸能人からの

信用は無くしますし、不幸にしてしまう可能性もありますね。

 

 

大変な仕事です、でもそのスクープがあるのでテレビのワイドショーなどが成り立つんでしょうね。

テレビも視聴率が上がるんですよ!

需要と供給ってやつですね。

 

PREV:高田馬場駅異臭事件の原因は何?撒かれた液体は?運転状況も!
NEXT:西銘駿のドラマデビューがコック警部の晩餐会!ゴーストからシェフへ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です