糖質制限ダイエットの危険度は?大流行のダイエットの裏側に迫る!?

どうも、蘭猫屋です。 最近、リバウンドしている私・・。 ダイエットに成功していた時より、確実に5キロは増えてます(汗) 食事量は減っているのですが、間...

どうも、蘭猫屋です。

最近、リバウンドしている私・・。
ダイエットに成功していた時より、確実に5キロは増えてます(汗)
食事量は減っているのですが、間食を辞める代わりに”食後すぐに甘いものを食べる”
ということをしていました、最初の頃は良い感じだったのですが途中から少し食べ過ぎてしまい
それが続いてしまっている現状・・・。

マズイ!また、ダイエットを始めないと!でも、どんなダイエットをしたら効率が良いか?
最近、流行りの「糖質制限ダイエット」に注目してみました。

「糖質制限ダイエット」とは?

「日々の食事の中で糖質の摂取量をコントロール(調整)し、かつ週に2回以上の運動
を取り入れて、理想の体型を目指す」

世間で、よく言われているのは”長期間行うもの・ずっと続けなければならない”などの固定観念があるよう
ですが、実は個人差がありますが2ヶ月から3ヶ月程度で良いらしいです。
長期間「糖質制限」しておられる方は、常に炭水化物を我慢し、食が細リ、やせ細ってきます。
糖質を抑えれば確かに体重は落ちますが、やせ細り不健康になっていくようです。

「糖質制限ダイエット」が危険と言われる理由って?
糖質は脳のエネルギーであること、糖質が不足すると脳が正常に動かず、ボーッとしたり、
 集中力が落ちたりする
しかし、脳が糖分を欲する状態になるにはカナリに長期間の間”糖質制限”をした場合です。
先ほども書いてますが、2.3ヶ月で良いと言われているので。脳が糖分不足になることは無いと思います。

筋肉が失われる
「糖質制限」だけをしていても、筋トレを疎かにしていると徐々に筋力は落ちていきます。
なぜなら、人間の身体は糖質が不足すると筋肉を分解して糖を作り出そうとするからです。
なので「糖質制限」だけで筋トレをしないと筋肉が失われていきます。

糖質制限をすることにより、食事がタンパク質や脂質に偏り長期的には心筋梗塞や
 脳卒中、発がんなどの危険性を高める。
これも長期間することによって言われている危険性ですね、2.3ヶ月であれば特に問題は無いと
思います。
糖質以外の制限は無いので、脂質やタンパク質、その他ミネラルやビタミンなどバランスの良い食事を
心がければ栄養素が偏る心配はありません。

糖質制限は食物繊維不足になり、便秘になる可能性がある
食物繊維は糖質の低い野菜から摂ることが出来ます。また便秘は脂質を摂取することで解消出来る
ケースがあります。
糖質制限で便秘になってしまうのは、正しい食事が出来てない可能性があります。
なので、しっかりと食物繊維を摂取することで便秘は解消されます。

今回は、あくまでも「糖質制限」の危険性をピックアップしました。
私が思うには、どんなダイエットも決まり事をちゃんと守れば結果はついてきます。
極端な制限をかけたり、精神的に無理をせず楽しみながら(難しいかも)頑張っていきましょう。

7/6のNHK「ガッテン!」でも放送されます。私も復習を兼ねてチェックしたいと思います。

PREV:ガンプラEXPO!滋賀県大津市で開催!限定カラーのプラモデルは?開催期間について。
NEXT:「こえ恋」の松原くんは美声なのに何故?紙袋を被っているの?その理由とは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です